八尾市のオカモト鍼灸整骨院|全身筋肉・筋膜調整で根本治療、交通事故治療にも自信あり!

八尾市のオカモト鍼灸整骨院交通事故後の負傷の治療リハビリに自信があります

院長ブログ

交通死亡事故を起こしたらどうなる?2017.9.30

交通死亡事故を起こしたらどうなる?

いつも八尾市 オカモト鍼灸整骨院のブログを見て頂き有難うございます。

八尾市河内山本駅から徒歩1分の所にあるオカモト鍼灸整骨院の院長、岡本卓也です。

 

今日は交通事故で人の命を奪ってしまったらどうなる、どうする?をご紹介していきます

▼刑務所に入るのか?

事故が起きた時に、ちゃんと警察を呼んだ場合、相互の過失を等を考慮して悪質でないと判断され、相手の家族への保険会社から保障が完了したなら刑の執行猶予で保釈される場合が多いです。

もちろん、だから安心だとか大したことは無いということはありません。

酔っぱらい運転や無謀運転等の場合は実刑になります。交通事故の場合は交通刑務所に収監されるとお思いですが、実態は30%前後が交通刑務所、残りは一般刑務所に収監されることが多いようです。

 

▼裁判はどうなる?

被害者側との示談の進行状況、嘆願書の有無などにもよりますが、略式起訴(罰金刑)で済む事が多いと思います。よほど悪質な場合でない限り、本式の裁判にはならないです。

 

▼加害者になったら、まずするべき事

何よりも被害者のご家族との、示談交渉です。示談が成立している場合には、情状もよくなります。反対に、被害者との間がこじれて「厳罰を望む」などの上申書が出されると、難しくなることもあり得ます。

謝罪に行く場合は、任意保険会社の担当者に「謝罪内容」を確認して行ってください。事故の状況、原因がわからない間は、安易に責任を認めてるべきではありません。

 

▼加害者の責任

【刑事責任】

事故を起こし起訴された場合

実刑・執行猶予・罰金刑

死亡事故を起こしてしまった場合、上記のような刑が言い渡されます。

【民事責任】

交通事故をお越し損害賠償請求された場合

保険会社が貴方に代わって示談交渉・示談の締結・金銭の支払いの全てを行います。

【行政責任】

公安委員会より事故・交通違反を起こした場合の免許証等の取り消しや減点・停止処分等。

人身事故の場合は責任を問われます。

【道義的責任】

事故を起こした場合、人間として取るべき責任

刑事裁判では"心から本当に悔いて反省しているか"を見て判決を下す訳ですから、なりふり構わず誠意を持って事故に対処しなければなりません。

 

交通事故に関して何かお困りの事がありましたら『八尾市 オカモト鍼灸整骨院』までご相談下さい。

  • ネット予約
  • 当日予約

〒581-0867 八尾市山本町1-2-4アクセスマップはこちら

受付時間
9:00~13:00
16:00~20:00

水曜・土曜の午後の診察は予約診療のみ
日曜 10:00〜16:00 予約診療のみ