八尾市のオカモト鍼灸整骨院|全身筋肉・筋膜調整で根本治療、交通事故治療にも自信あり!

八尾市のオカモト鍼灸整骨院交通事故後の負傷の治療リハビリに自信があります

院長ブログ

デスクワーカー必見!肩コリ、腰痛が激減するスゴ技2017.11.29

デスクワーカー必見!肩コリ、腰痛が激減するスゴ技

いつも八尾市 オカモト鍼灸整骨院のブログを見て頂き有難うございます。

八尾市河内山本駅から徒歩1分の所にあるオカモト鍼灸整骨院の院長、岡本卓也です。

 

デスクワーカーには付いて離れない悩みなのが肩コリや腰痛などの体の痛みです。

今日は職場環境をたった3つ変えるだけで慢性的な肩コリや腰痛を激減できるスゴ技をご紹介します。

▼なぜ、特にデスクワーカーに肩コリや腰痛が出るのか?

基本的に人間は、同じ場所に体重をかけ続けると、その箇所にある筋肉が体重を支え続ける事で疲労し、血流が悪化し、固まることでコリや痛みなどのサインを出し、環境の改善を要求します。

特に座りっぱなしで、PCなどの作業で手を前に出し続けるデスクワーカーは、腰に体重をかけ、伸ばした腕を肩や肩甲骨で支え続けている為、最も慢性的な腰痛や肩コリになりやすい職業とも言われています。

 

▼ストッレチや軽い運動がコリにいいのはわかるけど・・・

よくテレビなどで「定期的な運動やストレッチを心がける」事と言われていますが、長年運動から遠ざかっていた立場からすると、簡単なストレッチですら毎日コツコツと続ける事は難しく、職場で出来るストレッチなども、椅子に足を乗せたり、立ち上がった、ふんぞり返るなんて事は実際に勤務中にわざわざ出来る事ではありません。

 

▼では、一体どうすればデスクワークを続けながら肩コリや腰痛を改善できるのか?

運動も続けられない、勤務中にストレッチもできない・・・

そんな場合は、パソコン周りの環境を変えてみましょう!

たった3つ変えるでけでいつもの肩コリや腰痛がグッと楽になる可能性があります。

 

①椅子の座面の高さを上げる

一般的なオフィスチェアーの場合は、お尻が付く座面の高さを調節するレバーがありますので、座面の高さを上げて下さい。

理想的な座面の高さは「膝小僧より高く足がつま先からかかとまでしっかり着く」高さです。

この高さにすると、足に体重が乗っかっている感じや坐骨に体重を乗せる感覚で座る事ができます。

この状態になると腰に体重がかからず、腰痛を防ぎ、骨盤が真っ直ぐ立ち、体の前面部の筋肉を使う為肩甲骨から肩の負担が減ります。足まわりから散らかっている方はなるべくスペースを作るようにしてください。

※この椅子の高さにするとパソコンや机の高さが合わなくて不便になると思われます。そこで、次の変更をお願いします。

 

②ディスプレイの高さ、角度を上げる

これはデスクトップPCかノートPCかによって大きく方法が分かれます

・デスクトップ型の場合

ディスプレイの下に電話帳やコピー紙の束などを敷き、ディスプレイ自体の高さをグンと高くしてください。

・ノート型の場合

ディスプレイ自体の高さは変えられませんので、ディスプレイの角度を直角の状態から30度から40度ほど開けて下さい。

これで手順①で行った椅子の高さの状態でも、良い姿勢のままディスプレイを見ることが出来ます。

 

③手首にタオルを丸めたものを置く

これを行う事によっていっきに肩コリと決別が可能になります。

キーボードに手を置いている状態というのは、肩から伸びた腕を肩甲骨や肩だけで支えている状態です。

そんな状態にハンドタオルやフェイスタオルなどを団子状か筒状に丸め、キーボード手前に置き、そこに手首を置き入力作業をしてみて下さい。これにより格段に肩が楽になるはずです。

 

いかがでしたでしょうか?デスクワーカーの方は是非試してみてください。

 

それでも肩コリや腰痛がなくならないと言う方は、

近鉄八尾駅の隣の駅、河内山本駅徒歩1分『オカモト鍼灸整骨院』までお越し下さい。

当院独自の『全身筋肉・筋膜調整』でお悩みを解消します!

  • ネット予約
  • 当日予約

〒581-0867 八尾市山本町1-2-4アクセスマップはこちら

受付時間
9:00~13:00
16:00~20:00

水曜・土曜の午後の診察は予約診療のみ
日曜 10:00〜16:00 予約診療のみ