八尾市のオカモト鍼灸整骨院|全身筋肉・筋膜調整で根本治療、交通事故治療にも自信あり!

八尾市のオカモト鍼灸整骨院交通事故後の負傷の治療リハビリに自信があります

院長ブログ

歩くとお尻が痛い原因とは2017.12.18

歩くとお尻が痛い原因とは

いつも八尾市 オカモト鍼灸整骨院のブログを見て頂き有難うございます。

八尾市河内山本駅から徒歩1分の所にあるオカモト鍼灸整骨院の院長、岡本卓也です。

 

お尻が痛いと言うのは、出来物など以外は一時的な痛みで、なかなか長引く事が無いため放置するケースが多いです。

しかし、放置すると危険です。

日常生活に影響する病気の可能性もあります。

痛みの種類から原因や考えられる病気を紹介していきます。

▼お尻の痛みにも種類がある

お尻が痛いと言うのは座る動作はもちろんのこと、何か動作をする時でも痛くてつらいですよね。単純に「お尻」が体の部位を表しているのですが、痛みの症状や原因はいろいろなケースがあります。

 

特定の場所がズキズキ痛い、特定の場所でなく広い範囲で痺れるように痛い、お尻の付け根あたりが痛い、ニキビによる痛み、粉瘤による痛み。

 

▼なぜ痛むのか?

(1)特定の場所がズキズキ痛い

お尻の特定のポイントが痛い場合、それは筋肉痛である可能性があります。見分け方として、安静にしていると痛みが出るか出ないかである程度の判断が出来ます。臀部の筋肉をとても使ったという心当たりはありませんか?

日にちがたてば痛みはなくなります。

 

(2)特定の場所ではなく広い範囲で痺れるように痛い

「特定のポイント」ではなく、少し広い範囲で痛みが広がっている痛みの場合、それは坐骨神経痛の可能性があります。見分け方としては「少し広い範囲」がズキズキとライン上に痛みを伴ったり、何週間も痛みが取れない痛みかで判断できます。坐骨神経痛の場合は、神経が圧迫されていることから、医療機関の受診が必要です。

 

(3)おしりの付け根辺りの痛み

まれにお尻の付け根に痛みが生じる場合があります。この場合は腰ではなく大腿二頭筋が損傷している可能性があります。坐骨が痛くなる場合は、大腿二頭筋である可能性が高いですので、スポーツなど急な運動の心当たりがあるかを考えて医療機関に受診してください。

 

(4)ニキビによる痛み

お尻は摩擦による刺激が多く、汗や皮脂が溜まりやすいのでニキビができやすい部分です。お尻のニキビはなかなか治りづらいため、早期の対処が必要です。痛みのある箇所にできものがあった場合は、潰さずに皮膚科に受診してください。

 

(5)粉瘤による痛み

ニキビに似た出来物ですが、良性の」腫瘍を粉瘤と呼びます。ニキビとは異なり、皮膚の表面でなく深い所に出来るため、皮膚がボコッと膨らんだ様な出来物です。ひどくなると座れないなどの炎症を起こす可能性もあるため、根治手術をする必要があります。

 

▼病気の可能性もある?病気かどうかチェックする項目とは

お尻が痛いケースでは、坐骨神経痛などの神経に関する病気の可能性があります。病気の場合は、すぐに病院に受診する方が良いですが、判断に困りますよね。痛みが長く続いたり強い痛みが出る場合は、次のチェック項目を確認して神経に関する病気かを確認して見てください。

 

・動かすと痛みや痺れが悪化してくる

・痛む部分にだるさや締め付けられる感覚が残る

・腰を動かそうとすると足の痛みが出てくる

・安静にしていても痛い

・痛くて座り続けれない

 

このような症状だと、神経が圧迫された「お尻の痛み」である可能性が高いです。自分の症状と照らし合わせて該当するかを確認してください。全てではなくとも該当する項目がある場合は、

近鉄八尾駅の隣の駅、河内山本駅徒歩1分『オカモト鍼灸整骨院』までお越し下さい。

当院独自の『全身筋肉・筋膜調整』でお悩みを解消します!

  • ネット予約
  • 当日予約

〒581-0867 八尾市山本町1-2-4アクセスマップはこちら

受付時間
9:00~13:00
16:00~20:00

水曜・土曜の午後の診察は予約診療のみ
日曜 10:00〜16:00 予約診療のみ