八尾市のオカモト鍼灸整骨院|全身筋肉・筋膜調整で根本治療、交通事故治療にも自信あり!

八尾市のオカモト鍼灸整骨院交通事故後の負傷の治療リハビリに自信があります

院長ブログ

足のむくみは膝の痛み。その切っても切れない関係とは2018.2.10

足のむくみは膝の痛み。その切っても切れない関係とは

いつも八尾市 オカモト鍼灸整骨院のブログを見て頂き有難うございます。

八尾市河内山本駅から徒歩1分の所にあるオカモト鍼灸整骨院の院長、岡本卓也です。

 

足のむくみは美容を意識する女性だけの問題ではありません。むくみが膝の痛みを引き起こしていることもあるのです

一体どのような関係があるのでしょうか?

 

▼痛み成分で排出されない事で痛みが長引く

膝が痛くなるということはには様々な原因があります。特に多いのが関節内の炎症です。炎症が起こると痛みを強くする物質が分泌されてさらに痛くなります。こうした痛み物質は血行が良い状態であれば自然と排出されるのですが、血行が悪いとずっとその場所にとどまり、痛みを悪化させます。

むくみとは、水分がうまく排出されず血行が悪くなっている状態です。ですから、痛み物質によって膝の痛みが悪化するすることと、むくんでいることには深い関係があるというるでしょう。

では、どうしてむくむのでしょうか?その原因は、水分の排出を抑える食べ物や水分のとり過ぎです。

例えば、水分の排出を抑えるという点で良くない食べ物は「もち米加工食品」。いわゆるせんべいやあられといったお菓子です。こうしたお菓子を食べると尿に出が悪くなりからだに水分が溜まってしまうことがあります。

それとも反対に腎臓の機能が低下している人にとっては、。腎臓で余分な水分が尿にかえられていないので身体の中に溜まってしまうからです。

 

▼膝を温めて血行を良くすることが大事

むくみを取るのに効果的は方法は、温める事です。膝をしっかりと温める事で、血行が促進され関節組織の新陳代謝も良くなります。すると、関節付近にとどまっていた痛み物質が正常に排出されるようになるのです。

足がむくんでおり慢性的に膝が痛いという事であれば、冷やすよりも温めることによって血行促進を促す事が痛みを抑えるためには大切だといえるでしょう。

 

▼お風呂でしっかり温まる事が血行を促進する

膝を温めるにはどうすればよいのでしょうか?

それは「お風呂」です。

入浴は自宅でできる一番手軽な温熱療法と言えるでしょう。特に、38℃くらいの熱すぎないお湯でしっかりと身体の芯から温める事が血行促進には効果的です。のぼせやすいという人は下半身でもよいでしょう。効率良く温めたいのであれば、昨日のブログ『お風呂に「塩」を入れるだけで温熱アップ!血行促進で膝痛を和らげよう』を参照。

また、温冷療法というものもあります。しっかりと湯船で温まったら、シャワーで冷たい水を膝に20秒程かけて、もう一度湯船でしっかり温めます。これを2回ほど繰り返して下さい。血管が伸縮することによって血行促進効果を得られます。

足のむくみは見た目だけではなく、膝の痛みを悪化させる原因ともなります。痛み物質が血液によって流れていかず、関節周辺にとどまってしまうからです。入浴でしっかりと身体の芯から温める事で、むくみととも膝の痛みを和らげる事ができるでしょう。手軽な健康方法として是非お試し下さい。

 

すぐに膝の痛みを取り除きたい方は

近鉄八尾駅の隣の駅、河内山本駅徒歩1分『オカモト鍼灸整骨院』までお越し下さい。

当院独自の『全身筋肉・筋膜調整』でお悩みを解消します!

  • ネット予約
  • 当日予約

〒581-0867 八尾市山本町1-2-4アクセスマップはこちら

受付時間
9:00~13:00
16:00~20:00

水曜・土曜の午後の診察は予約診療のみ
日曜 10:00〜16:00 予約診療のみ