八尾市のオカモト鍼灸整骨院|全身筋肉・筋膜調整で根本治療、交通事故治療にも自信あり!

八尾市のオカモト鍼灸整骨院交通事故後の負傷の治療リハビリに自信があります

院長ブログ

その姿勢大丈夫?PCを使う時体に負担をかけない方法2018.3.12

その姿勢大丈夫?PCを使う時体に負担をかけない方法

いつも八尾市 オカモト鍼灸整骨院のブログを見て頂き有難うございます。

八尾市河内山本駅から徒歩1分の所にあるオカモト鍼灸整骨院の院長、岡本卓也です。

 

長時間同じ姿勢をとりがちなパソコン作業。

それが体に負担をかける誤った姿勢であれば、更にその部分の血行が悪くなります。

首、肩、腰などに痛みを感じるところから始まり、しいては頭痛、腰痛、腱鞘炎、目の痛み、睡眠障害にまで発展してしまいます。

▼まずはセルフチェック!パソコンに向かう自分を思いだそう

パソコンに向かう時の姿勢や環境を思い返してみて下さい。パソコン使用時のちょっとした事が、要因になっているかもしれません。あてはまる数が多いほど、姿勢からみる体への負担の目安になります。

 

・気がつくと背中が丸まっている

・いつの間にか顔をディスプレイに近づけている

・キーボードをしっかり見ていないとキー操作が出来ない

・ディスプレイに対して体が斜めを向いている。又は体を捻っている

・キーボードとディスプレイの位置は体の正面に無い

・マウスが自分の手に合わない気がする

・床に足の裏がしっかりと接地していない

・机の下が物置になっている

・机上は整理されておらず、作業スペースが狭い

・キーボードを打つ時、胸の位置が不安定。また両肩が上がっていることがある

・椅子と机の高さが合っていない

・頬杖つついている

・気がつくと足を組んでいることがある

 

▼見直そう!普段のパソコン使用時の姿勢

無意識の内に普段とっている姿勢。でもその楽な姿勢が逆に体に負担をかけているかも?

 

1. 椅子に深く腰をかけ、背筋を伸ばし、足の裏全体を床につける

前かがみになったり、足を組んだり、つま先だけが床に付くような姿勢の悪い座り方は背中や肩、首に負担がかかります。

一番重要なのは、骨盤が固定されることです。深く座り、背もたれとおしりに間が空かないように心がけて下さい。

 

2. 目とディスプレイの距離を40cm以上離す

目を近づけすぎるのはパソコンから発せられるブルーライトの影響も強くなり、目の疲れに繋がります。距離は最低でも40~50cmは保ちましょう。

 

3. ディスプレイが目の位置より下になるようにする

頭を引き上げようとして首に負担がかかる。成人の頭は約5kg。ちょっとした傾きでけで首にはものすごい負担がかかってしまいます。

 

4. キーボードを操作する際は肘が90度以上開くようにする

肘の角度が小さすぎる場合は近づき過ぎている証拠です。画面に近づき過ぎないように注意。

 

▼姿勢も周辺環境も大事。でも一番大切なのは

人間の体の構造は元来動くように作られています。パソコン使用時に長時間体を動かさずにいると体に変化が生じてしまいます。1時間に1回は休憩をとりましょう。

 

正しい姿勢・環境、そして適度な休憩とストレッチで大切な体を守りましょう。

 

姿勢の改善を早くしたい方は、

近鉄八尾駅の隣の駅、河内山本駅徒歩1分『オカモト鍼灸整骨院』までお越し下さい。

当院独自の『骨盤矯正×筋肉筋膜調整』でお悩みを解消します!

 

腰痛、肩コリを早く改善したい方は、

『腰痛改善プログラム』、『肩コリ改善プログラム』

がおすすめです!

  • ネット予約
  • 当日予約

〒581-0867 八尾市山本町1-2-4アクセスマップはこちら

受付時間
9:00~13:00
16:00~20:00

水曜・土曜の午後の診察は予約診療のみ
日曜 10:00〜16:00 予約診療のみ