八尾市のオカモト鍼灸整骨院|全身筋肉・筋膜調整で根本治療、交通事故治療にも自信あり!

八尾市のオカモト鍼灸整骨院交通事故後の負傷の治療リハビリに自信があります

院長ブログ

首が痛い!スマホ使いすぎてスマホ首になっていませんか?2018.3.21

首が痛い!スマホ使いすぎてスマホ首になっていませんか?

いつも八尾市 オカモト鍼灸整骨院のブログを見て頂き有難うございます。

八尾市河内山本駅から徒歩1分の所にあるオカモト鍼灸整骨院の院長、岡本卓也です。

 

最近首が痛い、首の痛みが気になる事が多い人は注意です。

「スマホ首」の可能性があります。

スマホ首というのは、頚椎のゆるやかなカーブが失われてしまった状態(ストレートネック)の事を指します。ゆるやかなカーブが失われると、クッション機能が失われて頭の重みが頚椎に直にかかってしまいます。

スマホ首になるといろいろな症状が・・・

▼スマートフォン症候群の代表的な症状

 

・肩コリ

 

スマホを使用する時は、どうしても頭が下がりがちになります。この姿勢を長時間続けていると、首の後ろから肩にかけて筋肉が強張り、血流が悪化します。それが肩コリの原因となります。

 

・眼精疲労、ドライアイ

 

「眼精疲労」というのは、一晩ゆっくり睡眠を取っても目のかすみや痛みが治らない状態。ドライアイは涙の量が減るなどして、目の表面に傷が生じる病気です。これらは、スマホの画面を見る時に、自然と瞬きの回数が減り、目の乾いた状態が続いて疲労してしまうことが原因です。

 

・スマホ肘

 

テニス肘やゴルフ肘と似たような、腕の痺れや肘の痛みを生じます。これは肘が曲がった状態で固まり、神経障害が起こったものと言われています。

 

・スマホ巻き肩

 

スマホの使用で体が丸まり、頭を前に出すような形、つまり猫背になってしまい、肩が内側に丸まった状態のこと。肩コリの原因になる他、放置すると偏頭痛や目のかすみなどが出ます。

 

・ドケルバン病

 

ドケルバン病とは「狭窄性腱鞘炎」という腱鞘炎の一種。手首の親指側の腱鞘に炎症が起こるもので、妊娠時や産後、更年期の女性、そして指を頻繁に使う事で起こる病気です。手首の親指側に痛みや腫れが生じ、再発を繰り返す場合は手術をすることもあると言います。

 

・VDT症候群

 

長時間ディスプレイを見る事で起こる健康トラブル。目の疲労や、首、肩、腕、腰の凝りや痛み、精神にもその症状が表れる事があります。

 

・うつ症状

 

重要な機能を支配する自律神経が集中する首を長時間圧迫する事で、副交換神経の働きを阻害し、頭痛や目眩、全身のだるさや食欲不振、不眠などの症状を引き起こす事も。こういった状況が長く続くと精神的にも悪影響がでて、うつ症状を招く事があります。

 

▼今すぐできるスマートフォン症候群対策

 

スマートフォン症候群にならないためにはどんな事に気をつければよいのでしょう?

今からできるポイントを紹介します。

 

・機種選びのポイント

 

機種を選ぶ際は、機能やデザイン性だけでなく、自分の手のサイズにあったものを選びましょう。大きすぎるスマホは、親指を不自然な形で動かしてしまう場合や、ホールドするのに余分な力がかかってしまうこともあります。

 

・使用する時間

 

パソコンやタブレットなども同じですが、連続して長時間使わないように心がけましょう。30分以上使ったら一度小休憩を挟み、ストレッチなどするのも良いでしょう。

 

・使用する姿勢や環境

 

細かい字を覗き込むような姿勢はNG。机などの前でスマホの保持が楽にできる形にし、うつむき加減にならないよう使用するのがおすすめです。電車などの車内は画面が揺れるため、スマホの使用はなるべく控えた方が良いようですが、使用する場合には、肘を固定し、出来るだけ目線が下にならないようにしましょう。また、画面と周囲の明るさとの差を少なくし、寝る前にベッドの中に入ってから使用するなど、暗い場所での使用は控えましょう。

 

姿勢の改善を早くしたい方は、

近鉄八尾駅の隣の駅、河内山本駅徒歩1分『オカモト鍼灸整骨院』までお越し下さい。

当院独自の『骨盤矯正×筋肉筋膜調整』でお悩みを解消します!

 

腰痛、肩コリを早く改善したい方は、

『腰痛改善プログラム』

『肩コリ改善プログラム』

がおすすめです!

  • ネット予約
  • 当日予約

〒581-0867 八尾市山本町1-2-4アクセスマップはこちら

受付時間
9:00~13:00
16:00~20:00

水曜・土曜の午後の診察は予約診療のみ
日曜 10:00〜16:00 予約診療のみ