八尾市のオカモト鍼灸整骨院|全身筋肉・筋膜調整で根本治療、交通事故治療にも自信あり!

八尾市のオカモト鍼灸整骨院交通事故後の負傷の治療リハビリに自信があります

院長ブログ

産後の骨盤に要注意!放っておくと損します2018.4.4

産後の骨盤に要注意!放っておくと損します

いつも八尾市 オカモト鍼灸整骨院のブログを見て頂き有難うございます。

八尾市河内山本駅から徒歩1分の所にあるオカモト鍼灸整骨院の院長、岡本卓也です。

 

妊娠中に広がった骨盤は、産後3〜4ヶ月かけて左右交互に少しずつ縮みながら、ゆっくり元の状態に戻ります。

骨盤は正常な位置に戻ろうとしますが、妊娠前に骨盤の歪みがあったり、妊娠中に体のバランスが崩れたりすると正常な位置に戻りづらいのです。

また、産後3ヶ月頃までに横座りや椅子で足組み、猫背といった体を歪める姿勢をとることでも、骨盤は正常な位置に戻らなくなってしまいます。

▼骨盤が歪むと起こりうる症状

 

・身体のバランスが崩れているため腰痛や肩コリなどが発生しやすい

・骨盤が開いていることでウェストやヒップが太くなり、スタイルが悪くなる

・骨盤が広がる事で様々な内臓が下がり循環不全を起こしやすい

・ホルモンバランスの異常が長く続きやすい

・脂肪と水分を貯め込みやすいままになっている

 

 

▼骨盤と腰痛の関係性

 

腰痛は背骨の腰の部分にある「腰椎」周辺の異常で痛みが起こります。腰椎周辺の異常に関与するのが、「骨盤の歪み」です。

骨盤と腰痛は繋がっているため、骨盤の歪みは腰椎へと伝わり、腰椎周辺に異常を起こします。

 

 

▼骨盤とスタイルの関係性

 

歪んだ骨盤が原因で、体内には新しい空間が発生し、その空間には脂肪が蓄積しやすくなり、自然と太りやすい体質となり、スタイルがみるみる変化するのです。

さらに骨盤周りにある筋肉は、歪んでしまった骨盤を必死に支えようとするため、お尻やは下腹部にたっぷりの脂肪を蓄積するのです。

 

 

▼骨盤と内蔵の関係性

 

骨盤が緩んだり開いたりしてくるとそれにつれて腸も影響を受け、腸の動きも悪くなり弛緩性便秘などが生じてくることがあります。こうして直腸や膀胱、子宮などの臓器があるべき位置より下がってきてしまうことを内臓下垂と呼んでいます。

ここからいわゆるポッコリお腹になる人も多いのです。

 

 

▼骨盤とホルモンバランス

 

骨盤の歪みは、人間の生活リズムを安定させる副交感神経の機能不全を起こす原因であり、骨盤の開閉作用にも悪影響を及ぼします。

開閉の働きが低下すると、美容と健康を保つ作用のある女性ホルモンの分泌の低下に繋がり、肌荒れや肥満などを引き起こす原因になります。

また、女性ホルモンの低下は、生理不順や生理痛にも悪影響を及ぼし、更年期障害の度合いにも関係するので将来的にみても早期の改善が必要となります。

 

こんな事態を防ぐために骨盤矯正をおすすめします。

 

骨盤矯正が気になる、受けたい方は

近鉄八尾駅の隣の駅、河内山本駅徒歩1分『オカモト鍼灸整骨院』までお越し下さい。

当院独自の『骨盤矯正×筋肉筋膜調整』でお悩みを解消します!

 

腰痛、肩コリを早く改善したい方は、

『腰痛改善プログラム』

『肩コリ改善プログラム』

がおすすめです!

  • ネット予約
  • 当日予約

〒581-0867 八尾市山本町1-2-4アクセスマップはこちら

受付時間
9:00~13:00
16:00~20:00

水曜・土曜の午後の診察は予約診療のみ
日曜 10:00〜16:00 予約診療のみ