八尾市河内山本で口コミ1位のオカモト鍼灸整骨院 骨盤矯正・交通事故治療で評判の整骨院

八尾市のオカモト鍼灸整骨院交通事故後の負傷の治療リハビリに自信があります

脊柱菅狭窄症

このようなお悩みはございませんか?

脊柱菅狭窄症

  • 歩いていると腰に痛みがくるが、休むと痛みが引く

  • 前かがみになると痛みが和らぐ

  • 腰からお尻にかけて痛みがある

  • 足に痛みや痺れがある

  • 姿勢が悪くなり、腰が曲がる

  • 長距離が歩けなくなった

     

脊柱菅狭窄症は、なぜ起こるの?|八尾市オカモト鍼灸整骨院

脊柱菅狭窄症は背骨に沿って縦に通る脊柱管という空間が狭くなり、内部の神経が圧迫される事で痛みや痺れの症状が出る病気です。首や背中の部分がなる場合もありますが、一番多いのは腰に起こる腰部脊椎間狭窄症です。

脊柱管狭窄症の症状は、圧迫される部位によって、馬尾神経型神経根型混合型に分けられます。共通した症状とは、神経性間欠歩行があります。

●神経性間欠歩行とは

歩きはじめてしばらくすると下半身が痛んだり痺れたりして歩けなくなりますが、数分間楽な姿勢で休むと歩けるようになり、それを繰り返す状態です。酷くなると、ほとんど歩けなくなる場合もあります。脊柱管狭窄症の人に見られる特徴的な症状です。

●馬尾神経型

脊柱管を通るメインの神経を脊髄といいますが、脊髄は細い神経がたくさん束ねられていて1本の神経になっています。その脊髄は腰の部分で束が解けたように広がって馬の尻尾のような形になり、その部分を馬尾神経と呼びます。
馬尾神経が圧迫されると、下半身全体や両足、お尻や陰部に痺れ、痛み、じりじりした感じなどの不快な感覚や、冷えやほてりが起こります。また、排泄のコントロールが上手くいかなくなり、尿や便が漏れてしまう場合もあります。

●神経根型

神経根は、メインの脊髄から左右に分かれ出た神経です。そこが圧迫されると、圧迫された側の足や下半身に痺れや痛みが起こります。お尻から足にかけて痛んだり痺れたりする坐骨神経痛も、症状の1つにあげられます。片側の神経だけが圧迫される事が多いですが、両側が同時に圧迫されるケースもあります。
神経根型の痛みや痺れは、前かがみの姿勢をとると楽になり、腰を伸ばしたり反らしたりすると強く感じるのが特徴です。

●混合型

馬尾神経型と神経根型の症状が両方起こります。

脊柱管が狭くなってしまう原因で一番多いのは、加齢による周辺組織の変化です。50代を過ぎた頃からだんだんと脊柱管を囲む椎骨の形が変化したり、骨と骨の間にあるクッション役の椎間板がはみ出てきたり、神経周辺にある黄色靭帯が分厚くなったりすると、脊柱管狭窄症の原因になります。

八尾市オカモト鍼灸整骨院の脊柱菅狭窄症の治療の方法とは?

脊柱管狭窄は手術をしないと治らないと思っている方はほとんどです。でも、脊柱菅狭窄症は適切な施術を行えば症状は改善されます。八尾市オカモト鍼灸整骨院では、お身体全体の状態を細かく検査し、お身体の歪み、筋肉が硬くなっている所を把握し、当院独自の『筋肉筋膜調整×骨盤矯正』でお身体のバランスを整えていきます。

このまま脊柱菅狭窄症を放っておくと、どうなるの?|八尾市オカモト鍼灸整骨院

もし、このまま放っておくと・・・

  • 何もしないでも痛みや痺れがでたり

  • 足の知覚障害がでたり

  • 便秘や失禁といった排泄障害になったり 

     ・・・することがございます。

症状が軽いとまだ大丈夫だろうと我慢したり、原因を調べないまま市販薬などに頼る方も少なくありません。
脊柱菅狭窄症でも軽い場合もありますので、悪化する前であれば、比較的治療も簡単で済むことが多いですので、早めにの対処、治療を行うようにしましょう。

脊柱菅狭窄症でお悩みの方は、是非八尾市オカモト鍼灸整骨院へお越しください。

「脊柱菅狭窄症」の関連ブログ記事

    記事はありません。

八尾市のオカモト鍼灸整骨院の治療の流れ

  1. 1.受付
  2. 2.問診
  3. 3.検査
  4. 4.施術
  5. 5.施術方針の説明
  6. 6.お見送り、お大事に

八尾市 オカモト鍼灸整骨院の通院指導の考え方

  1. まずは、お身体の不調の原因を探るために、徹底した問診、検査を行い筋肉の硬さを見つけます。
  2. 次に、人間が本来持っている最適なお身体の状態に調整します。
  3. 最終的に筋肉の使い方をお身体に記憶させる運動指導も行います。

オカモト鍼灸整骨院 通院指導の考え方

八尾市のオカモト鍼灸整骨院の患者様の声

記事はありません。

お問い合わせご相談ください。0120-669-577