八尾市河内山本で口コミ1位のオカモト鍼灸整骨院 骨盤矯正・交通事故治療で評判の整骨院

八尾市のオカモト鍼灸整骨院交通事故後の負傷の治療リハビリに自信があります

シンスプリント

このようなお悩みはございませんか?

シンスプリント

  • 運動後にスネが痛む

  • 走っているとスネの内側が痛い

  • スネの内側を押すと痛い

  • つま先を上げるとスネが痛い

  • スネがきしむような痛みがある

  • 歩いているだけでもスネが痛む

シンスプリントは、なぜ起こるの?|八尾市オカモト鍼灸整骨院

シンスプリントとは『脛骨過労性骨膜炎』の事です。
この疾患は “スネの内側” に痛みを伴い、慢性的な痛みに繋がる事があります。

主に、つま先立ち、ダッシュ、ランニング、ジャンプ動作をすると、つま先の下に向ける足首の動き(足首の底屈)、つま先を上に向ける足首の動き(背屈)が繰り返されて筋肉が伸び縮みします。これを何度も繰り返すと骨膜にストレスがかかります。
そして、炎症が起こり、スネの痛みが起きシンスプリントとなるのです。

特にシンスプリントになりやすい人は

●扁平足・足のアーチが機能していない

足には衝撃を吸収したり、バランスをとって安定させるのに重要なアーチと呼ばれる物が存在します。わかりやすいのが土踏まずの部分です。この土踏まず部分を内側縦アーチと呼びます。この内側縦アーチが潰れてしまって機能していないと運動時の衝撃を吸収出来ず、脛骨にストレスがかかりシンスプリントになりやすくなります。

●踵(かかと)の骨が傾いている

立った状態で踵を後ろから見てみると、正常は踵の骨が真っ直ぐ直立ですが、内側や外側に傾いている場合があります。
踵の骨が内側に傾いているのを回内足、外側に傾いているのを回外足と呼びます。このどちらもシンスプリントになりやすい状態です。

●シューズが悪い

古いシューズでクッション性が乏しかったりすると、より足への衝撃が強まるためシンスプリントになる可能性が高まります。

●アスファルトばかりで走る

走行するのが硬い路面の場合、スネに衝撃が来ますので、注意が必要です。柔らかい土のグラウンドで走る事をおすすめします。

●スパイクで走る

サッカーや野球のスパイクで長時間グランドをランニングする事もあまり望ましくありません。体力づくりでランニングする場合はランニングシューズに履き替えるようにしましょう。

八尾市オカモト鍼灸整骨院のシンスプリントの治療の方法とは?

シンスプリントになるにも必ず原因があります。何らかの原因で全身の筋肉のバランスが崩れ、土台となる下半身に負荷がかかり過ぎてしまいます。

負荷がかかりながら運動を続けていると、下腿部の筋肉が過緊張を起こし痛みが出てきますので、当院ではまず、全身筋肉・筋膜調整で筋肉の硬さを取り除いていきます。更に、全身のあまり使われていない筋肉の再教育も行い体のバランスを整えていき、2度と痛みの出ない体作りをしていきます。

このままシンスプリントを放っておくと、どうなるの?|八尾市オカモト鍼灸整骨院

もし、このまま放っておくと・・・

  • 痛みをかばってフォームが崩れたり
  • 何をするにも痛みがあり、日常生活に支障をきたす事になったり
  • 痛みの慢性化が起こりスポーツ復帰まで長期間かかる事になったり

することがございます。

症状が軽いとまだ大丈夫だろうと我慢したり、原因を調べないまま市販薬などに頼る方も少なくありません。シンスプリントは悪化する前であれば、比較的治療も簡単で済むことが多いですので、早めにの対処、治療を行うようにしましょう。シンスプリントでお悩みの方は、是非八尾市オカモト鍼灸整骨院までご相談下さい。

「シンスプリント」の関連ブログ記事

    記事はありません。

八尾市のオカモト鍼灸整骨院の治療の流れ

  1. 1.受付
  2. 2.問診
  3. 3.検査
  4. 4.施術
  5. 5.施術方針の説明
  6. 6.お見送り、お大事に

八尾市 オカモト鍼灸整骨院の通院指導の考え方

  1. まずは、お身体の不調の原因を探るために、徹底した問診、検査を行い筋肉の硬さを見つけます。
  2. 次に、人間が本来持っている最適なお身体の状態に調整します。
  3. 最終的に筋肉の使い方をお身体に記憶させる運動指導も行います。

オカモト鍼灸整骨院 通院指導の考え方

八尾市のオカモト鍼灸整骨院の患者様の声

記事はありません。

お問い合わせご相談ください。0120-669-577