八尾市のオカモト鍼灸整骨院|全身筋肉・筋膜調整で根本施術、交通事故施術にも自信あり!

八尾市のオカモト鍼灸整骨院交通事故後の負傷の施術リハビリに自信があります

院長ブログ

ランニング初心者に陥りやすい膝痛の対処法|八尾市整骨院2017.12.4

ランニング初心者に陥りやすい膝痛の対処法|八尾市整骨院

いつも八尾市 オカモト鍼灸整骨院のブログを見て頂き有難うございます。

八尾市河内山本駅から徒歩1分の所にあるオカモト鍼灸整骨院の院長、岡本卓也です。

 

よく走り始めた人が最初に痛めるのが膝です。

どうして、膝が痛くなるのでしょうか?

今日は膝が痛くなる原因、対処法をご紹介します。

▼ランニングで生じる膝痛の原因

ランニングで膝痛の原因は主に

1.筋力不足

2.筋肉疲労

3.バランスの乱れ

の3つです。

 

①筋力不足から生じるもの

初心者ランナーに多いのが、このタイプの膝の痛みです。マラソンに限らず、初めての運動に挑戦する時は、その運動に対処するための筋肉が発達していない場合があります。初心者の方は基礎体力や筋肉が備わっていないうちに、いきなり走り初めてしまい膝を痛めてしまいます。

 

②筋肉疲労から生じるもの

マラソンのトレーニングなどで筋肉が疲労して、緊張している時に起こる膝の痛みです。緊張の度合いは部位によって異なるため、全体的にバランスが崩れやすくなり、緊張の度合いが増して負荷の高い場所に生じる事があります。

 

③バランスの乱れから生じるもの

体に合わないフォームや、足に合わない靴などでマラソンを続けていると、筋力のバランスが崩れてきます。全身の筋肉は繋がって動いていますので、負荷が高い場所に痛みが出てきます。

 

▼ランニングで生じる膝痛の対処法

①筋力不足の対処法

初心者は、まずウォーキングをみっちり続ける事をおすすめします。最初は走ることはせず、ウォーキングを数十分行って終了します。それを何日かあるいは何週間か続けて基礎体力が付いてきたらランニングに移行します。ランニングも最初のうちはあまり無理をせず、短めの時間・距離で行い、急激でなく徐々に走る時間・距離を伸ばして行くようにします。

筋トレは、スクワットがオススメです。スクワットはキング・オブ・トレーニングと言われるくらい代表的、効果的なトレーニングです。スクワットで下半身をまんべんなく鍛えることが出来ます。

 

②筋肉疲労の対処

ウォーミングアップは関節や筋肉の柔軟性を高めて怪我防止になくてはならないものです。

またクールダウンは筋肉の疲労をとったり、後に残さない効果があります。

ウォーミングアップ・クールダウンを疎かにしないことが怪我防止に重要な事です。

膝の痛みを感じたら、ペースを落とすか、思い切ってトレーニングを休みましょう。

 

③バランスの崩れの対処法

走る時は必ずランニングシューズを履きましょう。決して普段履くスニーカーなどで走ってはいけません。

またランニングシューズでも中・上級者向けではなく、初心者向けのクッション性の高いランニングシューズで走りましょう。

他には、悪いランニングフォームで走り続けると膝が痛くなることがあります。

特に着地時のフォームには十分気を付けたいものです。

出来るだけ重心の真下で着地するなど基本フォームを見直してみましょう。

また体幹を使って走る事を意識することも大切です。

体のバランスを整える事は非常に重要となってきます。体のバランスを整えたいのであれば

 

近鉄八尾駅の隣の駅、河内山本駅徒歩1分『オカモト鍼灸整骨院』までお越し下さい。

 

当院独自の『骨盤矯正×筋肉筋膜調整』でお悩みを解消します!

 

 

 

腰痛、肩コリを早く改善したい方は、

 

『腰痛改善プログラム』

 

『肩コリ改善プログラム』

 

がおすすめです!

 

 

 

※このブログは国家資格である柔道整復師の岡本卓也が監修しています。

 

 

 

  • ネット予約
  • 当日予約

〒581-0867 八尾市山本町1-2-4アクセスマップはこちら

受付時間
9:00~13:00
16:00~20:00

水曜・土曜の午後の診察は予約診療のみ
日曜 10:00〜16:00 予約診療のみ