八尾市河内山本で口コミ1位のオカモト鍼灸整骨院 骨盤矯正・交通事故治療で評判の整骨院

八尾市のオカモト鍼灸整骨院交通事故後の負傷の治療リハビリに自信があります

ランナー膝

このようなお悩みはございませんか?

ランナー膝

  • ランニング中、膝の外側部に痛みを感じる
  • 下り坂を走ると痛みが増す
  • 階段の昇降時に膝が痛い
  • 膝を曲げ伸ばしすると膝の一定の所が痛い
  • 膝を動かすと音が鳴る
  • 一度痛みが出ても、休むと痛みがひく

ランナー膝は、なぜ起こるの?|八尾市オカモト鍼灸整骨院

ランナー膝とは『腸脛靭帯炎』の事で、名称通り陸上競技の長距離選手に多くみられるスポーツ障害です。近年のランニングブームで市民ランナーが症状を訴えるケースが多くなっています。

ランナー膝になるにも様々な原因があります。

その1 オーバーユース(使いすぎ)

トレーニングの負荷が大きすぎたり、急に長い距離を走ったり、普段やりなれない登山をしたり、膝に対する負荷がかかってくると症状が出てきます。

初めは運動後に痛みがでる程度ですが、次第に運動中にも痛みが出てくるようになります。そして、酷くなると痛くて運動が出来なくなります。

その2 走行フォームが悪い

ランナー膝になると、膝の外側に痛みが出ます。その原因は「ランニング時のフォームの癖にもある」と言われています。

体重が体の外側にかかるような走り方をしていると、ランナー膝になりやすいです。

その3 O脚(ガニ股)

「走行フォームが悪い」でも触れましたが、体重が体の外側にかかるような走り方をしているとランナー膝になります。

体重が体の外側にかかりやすいという点では、O脚(ガニ股)もランナー膝の原因になります。

その4 走行環境

ランニング時の走行環境も原因になり得ます。ランニングする場所がアスファルトなど固い路面、下り坂が多い、でこぼこのある路面、トラックをひたすら周回する、カーブが連続するコースなどを走行する場合にも注意が必要です。

その5 シューズ

一般的なランニングシューズは踵(かかと)で着地することを想定して作られています。踵部分にクッション材を厚めに装備しています。走る時の多くの人は踵から着地します。

しかし、同じシューズを長期間使用していると踵がすり減り衝撃の吸収具合が変わってきます。シューズは踵がすり減ったらなるべく早めに買い換える必要があります。

このままランナー膝を放っておくと、どうなるの?|八尾市オカモト鍼灸整骨院

もし、このままランナー膝痛を放っておくと・・・

  • 何をするにも膝が痛くて日常生活でも支障をきたしたり
  • 膝に水が溜まったり
  • 最悪の場合靭帯や腱を断裂する可能性があったり

・・・することがございます。

症状が軽いとまだ大丈夫だろうと我慢したり、原因を調べないまま市販薬などに頼る方も少なくありません。

八尾市オカモト鍼灸整骨院のランナー膝の治療の方法とは?

ランナー膝になるにも必ず原因があります。何らかの原因で全身の筋肉のバランスが崩れ、土台となる下半身に負荷がかかり過ぎてしまいます。負荷がかかりながら運動を続けていると、太ももの筋肉が過緊張を起こし痛みが出てきますので、当院ではまず、全身筋肉・筋膜調整で筋肉の硬さを取り除いていきます。更に、全身のあまり使われていない筋肉の再教育も行い体のバランスを整えていき、2度と痛みの出ない体作りをしていきます。

ランナー膝は悪化する前であれば、比較的治療も簡単で済むことが多いですので、早めにの対処、治療を行うようにしましょう。

ランナー膝でお悩みの方は、是非八尾市オカモト鍼灸整骨院までご相談下さい。

「ランナー膝」の関連ブログ記事

    記事はありません。

八尾市のオカモト鍼灸整骨院の治療の流れ

  1. 1.受付
  2. 2.問診
  3. 3.検査
  4. 4.施術
  5. 5.施術方針の説明
  6. 6.お見送り、お大事に

八尾市 オカモト鍼灸整骨院の通院指導の考え方

  1. まずは、お身体の不調の原因を探るために、徹底した問診、検査を行い筋肉の硬さを見つけます。
  2. 次に、人間が本来持っている最適なお身体の状態に調整します。
  3. 最終的に筋肉の使い方をお身体に記憶させる運動指導も行います。

オカモト鍼灸整骨院 通院指導の考え方

八尾市のオカモト鍼灸整骨院の患者様の声

記事はありません。

お問い合わせご相談ください。0120-669-577